クーポン 割引の得する生活

クーポン 割引の得する生活

ナビクー

クーポン券・割引のメリット・デメリット

店側デメリット

クーポン券を発行する事で、店側ではお客様を確保したり知名度をアップできたりするなど様々なメリットがあるのですが、実はデメリットとなる面も少なからずあるのです。 店側のデメリットとすると、クーポン券を発行するためには少なからず費用はかかってしまいます。

チラシにつけたり雑誌に掲載したりすると、それだけでかなりの出費になります。そのため、それに見合うだけのお客様が来てくれなかったり、思うように新規のお客様が来店されなかったりする場合には、ただのむだな経費となってしまうこともあります。

また、新規客を確保するために新規のお客さまにだけ様々な割引クーポンやサービスをおこなってしまうと、今まで常連で来て下さったお客様は不快に思ってしまいます。場合によっては新規のお客様を確保するために大切な常連客を失ってしまう事もあるのです。そのため、クーポン券を発行する場合には常連のお客さまも損をすることのないように考えて作成しなければいけません。

また有効期限を設定すると、お客様が早く来店してくださる可能性があるのでメリットとも言えますが、万が一有効期限が過ぎてしまうと、そのクーポン券は無効となってしまうため、他の店に行かれてしまう可能性もあるのです。また有効期限を知らずにクーポン券を出されてしまうと、『有効期限が○○日までですので利用できません』というとお客様を不快にさせてしまう事にもなります。

だからといって、有効期限が切れても使えることにすると、せっかくの来店サイクルを上げるための策もただの割引となってしまい売り上げが下がる事にもなります。そんな場合には『有効期限が過ぎていますが、今回だけ有効にします』などのように臨機応変な対応も大切になります。 有効期限を設ける際には、クーポン券のはっきりみえる部分に見やすく書いておいたり、クーポン券を配布する際に、しっかりと有効期限があるという旨を伝えることが大切です。

スポンサードリンク

クーポン券を手に入れる方法
クーポン券・割引の種類
クーポン券・割引のメリット・デメリット
クーポン券の注意点
クーポン券を利用できないケース
クーポン券に関するマメ知識
Copyright (C) クーポン 割引の得する生活 All Rights Reserved